FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィクトリアリーグ トウキョーを終えて

皆さんこんばんは。「ヴィクトリアリーグ トウキョー」主催のエルムです。
先日は当大会にご参加、あるいはポップチャンネルさんでの放送をご覧頂きありがとうございました。
今回の結果は以下の通りとなります!

【優勝】しあ twitter:@stellar_shiater
【準優勝】はやと★ twitter:@hayatostar1025
【3位】Scar twitter:@Scar3020


※より詳細な結果や、所謂KP(大会における各ポケモンの使用数)は後日アップします。

スイスドロー形式による当日予選、ダブルイリミネーションによる本戦トーナメント、東京3つのオフ会との共同運営、MCによる進行、それらの模様の生中継等…
恐らく19年間のポケモンの歴史の中で、例のない試みだったと思います。正直なところ運営的には課題も多く、沢山の人の協力の上でなんとかギリギリ成り立たせる事ができたというのが実情です。反省すべき点や改善した方が良い点とはこれからしっかり向き合っていきたいと思います。

ところで、今回のような形式に僕が拘ったのには理由があります。
参加者の皆さんにお配りした当大会のパンフレットがあるのですが、その中の挨拶文として僕がヴィクトリアリーグに賭ける思いを掲載させて頂きました。同じ内容をこちらでも記載したいと思います。



日本の公式ルール対戦文化の発展を目指して
ポケットモンスターシリーズの対戦、取り分け公式ルールとして10年以上に渡って採用されているダブルバトルは非常に面白いゲームです。緻密にバランス調整されたそのゲーム性は、やり込む程に感じ取ることができます。
近年は世界大会も開催され、今や世界30ヶ国から選手が参加する程の盛り上がりです。

翻って日本。
世界大会に繋がるジャパンカップ、昨年の参加者は12,187名(全カテゴリ合計)でした。最新作であるオメガルビー・アルファサファイアは発売一週間で国内150万本を売り上げる国民的タイトルです。2つの数字を見比べると、今一つ盛り上がりに欠けている様に思えます。
公式ルールに採用されているダブルバトルの魅力が足りないからでしょうか。

僕の考えは違います。
日本の中で、公式大会は盛り上がる為の文化の発達あるいは土台の醸成が、ゲーム内容の進歩に追い付いていないのだと考えています。こんなに面白く、海外は盛り上がっているのに、国内はそうではない。これは日本のゲームなのに、です。

そんな流れを変える為にヴィクトリアリーグは生まれました。
まずはこの“ヴィクトリアリーグ トウキョー”を皆さんと共にエキサイティングな大会となる様に盛り上げていきたいと思います。今日一日よろしくお願いします!

2015年3月28日 ヴィクトリアリーグ主催 エルム




今はまず、僕の考えを出来るだけ多くの人に知ってもらいたいと思い記載しました。
これからもヴィクトリアリーグは日本のダブルバトル文化発展の為、活動していきます。
より良いものをつくれるよう頑張ります。今後ともよろしくお願いします!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エルム

Author:エルム
ポケットモンスターシリーズの世界大会における公式ルールであるダブルバトル。「ヴィクトリアリーグ」はそのダブルバトルルールで開催される非公式大会です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。